中和コンストラクション・中和ホールディングスグループ
採用情報お問い合わせ | 個人情報保護指針 | サイトマップ
  • 会社情報
  • 施工実績
  • 土地活用
  • リニューアル事業
  • 不動産事業
  • 環境への取り組み
リフォームメニュー
耐震・免震リフォーム
シロアリ対策
シックハウス対策
介護リフォーム
リフォーム施工事例
自分でできる住まいの健康診断
無料住宅診断
お問い合わせ・ご相談

住まいの健康診断実施中
耐震・免震リフォーム

プロが行う耐震診断
在来工法2階建て木造住宅の耐震診断は、国土交通省住宅局監修の「木造住宅の耐震精密診断と補強方法」に準じて、『地盤・基礎・壁のバランス・壁の量・老朽度』を調べます。
その結果から、家のどの部分が弱く、どのように補強すればよいのかが分かります。

CHECK POINT 地盤・基礎
地盤・基礎の部分は、住宅の強度・耐震性を判断するうえで非常に重要です。診断は基礎の造りと、地盤の種類を総合して行います。
チェック内容:地盤
 ・地盤図や周辺の地形を確認

チェック内容:基礎
 ・目視でひびの有無を確認
 ・鉄筋の有無をセンサーで確認
 ・コンクリートの圧縮強度を計測


CHECK POINT 壁のバランス
阪神・淡路大震災の主な倒壊原因にもあげられていたとおり、建物の形と壁の配置も耐震性に大きく関係してきます。
この項目では、建物の形と壁の配置を見ることで、その建物のバランスを判断します。
チェック内容:壁のバランス
 ・建築図面と目視で、家の形状を確認し、さらに図面どおりに壁が配置さ
  れているかも確認します。



CHECK POINT 壁の量
筋交いと壁の量から、建物が地震の横揺れにどれだけ耐えられるかを判定します。
建物は壁の量が多ければ多いほど地震に強く、少なければ少ないほど地震に弱くなります。
例えば、12畳を越えるような大広間があったり、2間以上続く大きな窓がある家などは、必然的に壁の量が少なくなってしまうだけでなく、壁の配置バランスも悪い建物となり、耐震性は低くなってしまいます。
チェック内容:壁の量
 ・床下・天井裏から筋交いの有無をチェックし、どこに強い壁が入っている
  かを割り出します。




CHECK POINT 老朽度
この項目では、建物の構造耐力上重要な部分が、時間が経ったことで劣化して、欠陥と判断される状態になっていないか確認します。
具体的には、基礎の形状や土台・柱などの腐朽・蟻害等をチェックします。これらはどちらも耐力要素への力の流れを妨げると同時に、家を破壊して建物が沈下・傾斜などを起こす原因にもなるのです。
チェック内容:老朽度
 ・床下の湿度・含水率や、シロアリの被害がないかどうかをチェック
 ・外側から、屋根・外壁などにゆがみやひびがないかをチェック
 ・油かなり、柱の傾き、梁のたわみなどがないかをチェック


プロにお任せ!無料住宅診断 まずは自分で!住まいの健康診断

耐震性に不安がある住宅が多い
上の調査の結果、「安全である」「一応安全である」「やや危険である」「倒壊または大破壊の危険がある」の4段階の判定に分かれます。過去3年間のデータを見ると、実に7割以上の木造住宅は耐震性に不安があることが判ります。

耐震診断結果(平成14年7月1日〜平成17年6月30日)【木耐協調べ】
判 定
件数
割合
安全である
3,212
6.09%
一応安全である
9,510
18.03%
やや危険である
12,063
22.87%
倒壊又は大破壊の危険がある
27,961
53.01%
合計
52,746